キャッシングランキング
不安を持っていませんか?
キャッシングランキング

【ご質問】銀行の融資って個人でも利用できますか?

Q.銀行は個人にも融資ってしてくれますか?A.銀行は個人への融資も行っていますから一定の条件さえ満たせば大丈夫ですよ。でも、銀行から融資を受けるのは消費者金融から融資を受けるよりもちょっと審査が厳しくなっちゃうので覚悟してくださいね。

【お悩み】主人に借金が発覚…子どもに影響が出ないか心配です

Q.借金の返済が苦しくなってしまったときに子供に迷惑がかかるような事態が起きないか心配です。親の借金は子供に影響するのでしょうか。A.借金をしたときに子どもが連帯保証人になっているようなことがなければ、子どもに影響が出ることはないですよ。

【教えて】契約社員でもキャッシングって出来ますか?

Q.契約社員がキャッシングすることはできますか?やっぱり正社員じゃなきゃ無理ですか?A.1つの会社で長く契約して働いていれば仕事も収入も安定してるって判断できるみたいよ?だから何年働いているか、できれば3年以上1つの会社で働ければ安心できるかな。

【心配】婚約者に借金あることってばれないですか?

Q.婚約者が調べようと思ったら借金があることってばれるんでしょうか?A.借金の返済が遅れれば自宅とか勤務先に電話や手紙が届くこともあるから、それでばれないように返済はしっかりすることが大切。気をつけてれば簡単にばれることはないかな。

【不安】収入が減ったから借り入れを考えてます

Q収入が減ったので借り入れを考えてます。何か気を付けなきゃいけないことってありますか?A.一時的な借り入れということなら特に心配するようなことはないかなと思いますが、借り入れをした場合の返済シミュレーションをしておくということは大切ですし絶対してた方が良いです。

【Q&A】借金の返済ってほっといたら時効になりますか?

Q.借金って時効とかでなくなったりしないんですか?A.借金にも時効はあります。個人間の借金か消費者金融や銀行からの借金かによって違うけど消費者金融とか銀行とかから借りたのであれば5年で時効は成立です。でも5年間督促されずに過ごすってことが必要になります。

【ご質問】消費者金融でお金を借りたら親にばれますか?

Q.親と同居なので消費者金融を使ったらばれてしまわないか心配です。A.親に消費者金融の利用がばれない方法、あります。まずは申し込む前に自宅へ郵便物が届くかどうかを確認して、郵便物を送らない消費者金融を探してください。あと、遅れることなく返済出来れば大丈夫。

【お悩み】キャッシングするのって難しい?

Q.キャッシングって簡単に利用できますか?A.キャッシングを申し込むこと自体はだいぶ簡単になったんだよね。申し込むために必要なのは免許証ぐらいですし、特別準備が大変な書類があるわけじゃないですから簡単と言えば簡単。でもキャッシングしたら必ず返済しなきゃいけないよ。

【教えて】大手消費者金融はなぜ都市銀行と提携しているのですか?

近年大手消費者金融のほとんどが銀行の傘下に入っています。消費者金融は銀行の資金をあてにし、またイメージアップにもつながっています。銀行側は消費者金融を使って儲けたいというのがあるのでしょう。生き残りのために必死なのです。

【ご質問】住宅ローンの借り換えどこがいいですか?

住宅ローンの借り換え条件は金利が1%以上下がること、返済期間が10年以上あること、返済金額が1000万円以上あることです。これにあてはまるようなら借り換えを検討しましょう。しかし、諸費用がかかりますのでまずは現在の借入先に金利の見直しをお願いしましょう。

【教えて】セカンドハウスローンについて教えてください

セカンドハウスローンは自分が住むことが前提となります。セカンドハウス=別荘はあまり需要がないため住宅ローンに比べると金利が高くなったり、審査が厳しかったりします。でもフラット35でも取り扱っていますので検討してみてください。

【Q&A】キャッシングって完済すればそれでお終いですよね?

キャッシングは完済しても口座が残っていれば限度額内でいつでも借入ができます。そのため口座が残っているとそれだけで利用していると見なされる場合もあります。ただし、解約してしまうと次回利用したくなったときでも一から審査が必要になります。

【教えて】グレーゾーン金利ってなんですか?

消費者金融での借入は以前は30%を超えていましたが法律が改正され、金利上限15%から20%、出資法の上限金利は29.2%に設定されました。この間の金利はグレーゾーンと呼ばれ自由に金利を定めることができました。現在では上限は20%となっています。

【ご質問】住宅ローン控除について教えてください

住宅ローンの控除を受けるためには確定申告をする必要があります。手続きは複雑ではありませんが、ローンの残高証明、源泉徴収票、工事の契約書、売買契約書、住民票のコピー、住宅借入金等特別控除額の計算明細書、家の頭記証明などが必要になります。

【心配】親からの住宅ローンの援助には税金がかかりますか?

親から住宅ローンの資金援助を受ける場合、通常は110万円以上の贈与は贈与税がかかりますが、住宅ローン援助の場合平成25年中の贈与であれば700万円まで非課税、26年ですと500万円まで非課税です。耐震や省エネの場合、さらに非課税額が上がります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 知ってて良かった!審査の甘いカードローンはココッ!? All Rights Reserved.